小顔を目指す人におすすめのあご削り!長年の悩みをすっきり解決へ

あご削りで半永久的な理想のフェイスラインを手にする

OKサインをする

美容整形の分野では、メスを使わずに手軽にできるプチ整形なども、かなりの勢いで今は利用者が増えています。たとえばあごが出ていて、それが大きな悩みとなっている場合ですと、ボトックス注入などで解消することが可能です。ただし、このプチ整形というのは数カ月で効果がなくなってしまうため、再び注射をしなければなりません。いくら理想のあごになれても、毎回注射をしなければならないのでは費用もかかってしまいます。

やはり理想のあごを手にできたならば、それを半永久的に維持させることが必要でしょう。そのためにはプチ整形ではなく、あごの骨を何とかしなければなりません。美容外科の施術のメニューにあご削りといいうものがあります。あご削りはその名の通り、あごの骨を削ったり除去することで、あごの形を変化させる施術です。当然それには切開も必要になります。しかし、このあご削りは口内から切開して行われますので傷跡も目立ちません。そして安全な手法で施術は行われますので、施術に関する心配は必要ないでしょう。

あごの形はフェイスラインに大きく影響してしまいます。このあごの形を変えることで、理想の顔の輪郭を手にすることも十分に可能です。そのためにも施術を受ける美容外科を選ぶことも必要でしょう。選ぶときには口コミなどを参考にすることがおすすめです。